知らなきゃ恥ずかしい!ダーツマシンにも種類があるの?

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
DartsDarts / Bogdan Suditu

 

ダーツバー等に置いてあるダーツマシンにも色々と種類があります。

どのダーツマシンも今はネット対戦が出来ることが知られていて、
つまり一人でも「誰か」と対戦することが可能なのです。

その、いくつかのダーツマシンをご紹介します。

 

1.ダーツライブ
ダーツライブは日本で一番プレイヤーの多いダーツマシンとして有名です。

カードを購入することで自分のダーツ成績を確認したり、
プレイ画面を自分好みにカスタマイズ、
果てはダーツ仲間が今どこのお店で遊んでいるのかまでチェックすることが出来ます。

公式サイトはコチラ(http://www.dartslive.jp/)です。

 

2.フェニックス(PHOENIX)
フォニックスは、オンラインシステムとRFIDカードと呼ばれるシステムを搭載した
業界一の機能を誇ると言われているデジタルダーツのハイエンドマシンです。

RFIDカードシステムによって、プレイヤー個人の情報やプレイデータが
オンラインシステム上のデータベースに保管されていきます。

それらの情報はネット上で確認することが可能です。

公式サイトはコチラ(http://www.dartsjapan.jp/)です。

 

3.D-1(DartWorld)
D-1は、DartWorldのダーツマシンです。

多くのプレイヤーから投げやすいという評判があります。

こちらもカードシステムによって、自分のステータスが確認出来ます。

ダーツマシン自体が日本製でクオリティの高いダーツマシンです。

公式サイトはコチラ(http://www.dartworld.jp/)です。

 

■ ダーツマシンに関するQ&A

 

(ダーツ初心者)

ダーツマシンって?

(先生)

ダーツマシンとは、主にダーツバーやインターネットカフェに置いてある電子ダーツボードのことです。
カードを購入することにより、オンライン対戦をしたり、
あるいは自分のダーツのスコアや、統計した情報などをネット上で見ることが出来ます。

 

(ダーツ初心者)

ダーツマシンにも種類があるの?

(先生)

はい。主に「ダーツライブ」「フェニックス」「D-1」等が有名です。
それぞれ個別にカードを作らなければなりませんが、
どれが良いか、というよりは、一番利用するダーツバーあるいはインターネットカフェに置いてあるダーツマシンのカードを作るのが良いと思われます。

 

(Photo by flickr)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*


アーカイブ

ページ上部へ戻る