3つの代表的なスタンス(立ち位置)について

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ

357/365 Darts II

 

ダーツを投げる際には立ち方も重要になってきます。
この立ち方のことをスタンスと言います。

 

基本的なスタンスは三つあります。

1.正面型(フロントスタンス)
2.側面型(サイドスタンス)
3.中間型(ミドルスタンス)

の三つです。

 

いずれも試してみて自分に合ったものを選んでみましょう。
投げやすく体がぶれにくいのはどれか、ということを意識しましょう。

 

1.正面型(フロントスタンス)

正面型(フロントスタンス)とは、そのまま体をダーツボードに向けて構える立ち方です。
スムーズに腕を振ることが出来ます。

 

2.側面型(サイドスタンス)

側面型(サイドスタンス)とは、体がダーツボードから真横を向く構えの立ち方です。
前足に重心をかけられるので、投げるポイントがダーツボードに近くなり、
肩とダーツボードが垂直になるのでコントロールはしやすいです。
安定して投げやすのが特徴で、初心者におすすめのスタンスと言われています。
ただし、体が硬いと投げにくいかもしれません。

 

3.中間型(ミドルスタンス)

中間型(ミドルスタンス)とは、正面型(フロントスタンス)と側面型(サイドスタンス)のちょうど中間に位置するスタンスです。
これは、体をダーツボードから斜めに向けて構えます。
ダーツボード・スローイングラインに対して斜めの位置に立つのがポイントです。
競技者の多くがこのミドルスタンスを用いていると言われています。

 

いずれのスタンスでも、要は自分に合ったものを選ぶのが重要です。
色々と試して自分のスタンスを固めて行きましょう。

 

■ スタンス(立ち位置)に関するQ&A

 

(ダーツ初心者)

ダーツを投げるときの立ち方は適当でいいの?

(先生)

何度も言うように力任せにめちゃくちゃに投げても
ダーツは思い通りのところには刺さってくれません。
ダーツにもスタンスと呼ばれるいくつかの立ち方が存在します。

 

(ダーツ初心者)

スタンスにはいくつ種類があるの?

(先生)

三つです。
1.正面型(フロントスタンス)
2.側面型(サイドスタンス)
3.中間型(ミドルスタンス)
があります。

 

(ダーツ初心者)

どれを選べばいいのかな?

(先生)

初心者は側面型(サイドスタンス)がおすすめです。
なぜなら、体の軸ぶれが少なく安定しているからです。
最初は側面型(サイドスタンス)を試してみましょう。

 

(Photo by flickr)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*


アーカイブ

ページ上部へ戻る