ソフトダーツとハードダーツの4つの違い

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ

One-hundred-and-eighty!

 

ダーツには、ソフトダーツとハードダーツというものがあります。
二つのダーツの違いとは一体何なのでしょうか?

答えは簡単。ダーツの先が金属で出来ているか、
それともプラスチックで出来ているか、ということです。

 

ダーツの先端がプラスチック製なのがソフトダーツで、
ダーツの先端が金属製なのがハードダーツになります。

 

他の違いは、それぞれ違うサイズのダーツボードを使うという点です。

英国公式サイズのハードダーツでは、13.2インチ(33.528センチメートル)のダーツボードを用い、
ソフトダーツでは、15.5インチ(39.37センチメートル)のダーツボードを用います。
(ただし、日本におけるハードダーツの公式サイズは34センチメートルです)

 

また、スローライン(そこからダーツを投じる目安となる線)の違いもあり、
ハードダーツではスローラインからダーツボードまで237センチメートルで、
ソフトダーツではスローラインからダーツボードまでが244センチメートルです。

 

また、一部のダーツゲームではルールが若干違う場合もあります。

例えば、決められた持ち点をダーツボードのスコアに従って減らしていき、
ちょうど0にすることで勝ち、というゼロワンなんてゲームがダーツにはあります。

そして、最後にちょうど持ち点を0にする(フィニッシュする)際、
ハードダーツは必ずダブルでフィニッシュしなければなりません。


つまりダーツボードで言うダブルリング(下図参照)か、


もしくはダブルブル(下図参照)で0点ぴったりにしなければならないということです。

ちなみにこれをダブルアウトと言います。

 

しかし、ソフトダーツの場合はどの的に当てても
持ち点を0ぴったりにしさえすれば勝ちです。

これをオープンアウト、もしくはエニィアウトといいます。

 

■ ソフトダーツとハードダーツに関するQ&A

 

(ダーツ初心者)

ハードダーツとソフトダーツの違いは?

(先生)

まずはダーツの先端がプラスチック製か金属製かということです。
先っぽがプラスチックなのが、ソフトダーツで
先っぽが金属なのか、ハードダーツになります。

 

(ダーツ初心者)

使うダーツごとにボードの違いもあるの?

(先生)

はい、あります。
ハードダーツの場合は13.2インチ(33.528センチメートル)のダーツボードを用いて、
ソフトダーツの場合は15.5インチ(39.37センチメートル)のダーツボードを用いることになります。

 

(ダーツ初心者)

他に違いは?

(先生)

スローライン(ダーツをそこから投げるという目安の線)が異なります。
ハードダーツでは、スローラインからダーツボードまでが237センチメートルであり、
ソフトダーツでは、スローラインからダーツボードまでが244センチとなります。

 

(Photo by flickr)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*


アーカイブ

ページ上部へ戻る