抑えておきたいダーツの基本的な投げ方

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ

Darts

 

ダーツの上達には何と言っても、ダーツの投げ方が大事になってきます。
ダーツを投げるときの一連の動作は基本的に四つに簡単に分けることが出来ます。

 

四つの動作とは、
1.アドレス(ユーミング)
2.テイクバック
3.リリース
4.フォロースルー

です。

 

ダーツ上達にはまず上の四つを意識し、練習しましょう。
投げる動作を鏡を見て確認するのも良い手段だと思います。
以下は、ダーツを投げる際の一連の四つの動作の詳細です。

 

1.アドレス(ユーミング)
アドレス(ユーミング)とは、しっかりと狙いを定めて、
投げる時にバランスを崩さないように安定した姿勢を取ることです。
肘を肩の高さまで上げて、
目線・ダーツ・ターゲット(ダーツボードの狙い)が一直線になるよう
構えるのを心がけましょう。
もちろん、変に力を入れずにリラックスすることが重要です。

 

2.テイクバック
テイクバックとは、ダーツを投げる時に
いったん手前に腕を引いて反動をつける動きのことです。
この際に一番大事なのはひじの位置をしっかりと固定し、
振り子のように腕を引くことです。
肘の位置を動かさず、ダーツを体に引き付けることを意識しましょう。
ひじの位置がぶれるとコントロールが安定しませんので注意しましょう。

 

3.リリース(リリース)
リリースとは、ダーツを離す瞬間のことをいいます。
指の離れ方がイマイチだとダーツが指に引っ掛かってしまい、
少しコントロールがズレることになります。
スムーズに指を離すことが非常に大事なので、
全部の指が同時にダーツから離れるよう心がけましょう。
肘を固定したまま、扇形を描くようにダーツを前方に放り、
この際、力いっぱい投げるのではなく、最初に構えた位置で
指からダーツを離すように投げるのがコツです。

 

4.フォロースルー
フォロースルーとは、リリース後の動作のことをいいます。
ダーツボードの狙った位置に向かい、真っ直ぐに手を伸ばすことが大事になります。
そして、その手がターゲット(ダーツボードの狙い)の方向を向くようにしましょう。

 

ダーツを投げる際には以上の四つが大事になります。
2.テイクバックから3.フォロースルーまでは、
振り子のようにひじを動かし、
くれぐれもひじの位置が左右にぶれないように腕を振って下さい。

 

■ 基本的な投げ方に関するQ&A

 

(ダーツ初心者)

ダーツって適当に投げればいいの?

(先生)

力任せに投げてもうまくはいきません。
むしろ、リラックスして投げるのが大事でしょう。

 

(ダーツ初心者)

ダーツを投げるときに意識することは?

(先生)

ダーツを投げる一連の動作は四つに分けられます。
1.アドレス(ユーミング)
2.テイクバック
3.リリース
4.フォロースルー
です。
この四つを意識するようにしましょう。

 

(ダーツ初心者)

アドレス(ユーミング)とは?

(先生)

ダーツを投げる際の最初の姿勢のことです。
目線・ダーツ・ターゲット(ダーツボードの狙い)が一直線になることを意識しましょう。

 

(ダーツ初心者)

テイクバックとは?

(先生)

ダーツを投げる際に腕を後ろに引くことです。
それで反動をつけてダーツを投げるわけですが、
肘の位置を動かさず、ダーツを体に引き付けることが大事です。

 

(ダーツ初心者)

リリースとは?

(先生)

ダーツを離す瞬間のことです。
指の離れ方がばらばらだとダーツが指に引っ掛かってしまいます。
全部の指が同時にダーツから離れることを意識しましょう。

 

(ダーツ初心者)

フォロースルーとは?

(先生)

リリース後の動作のことです。
ダーツボードの狙った位置に向かい、真っ直ぐに手を伸ばしましょう。

 

(Photo by flickr)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*


アーカイブ

ページ上部へ戻る