基本的な3つのグリップ(持ち方)の種類

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ

Bullseye

 

ダーツの持ち方(グリップ)にもいくつかの種類があります。

どの持ち方をしても構いませんし、自分に合った持ち方をするのが一番ですが、
何より重要なことは、ダーツの重心を探すということです。

分かりやすく説明すると、人差し指の上にダーツを乗せた時にダーツが落ちない
水平状態を保つ部分を探すということです。

 

それでは、いくつかのダーツのグリップ(持ち方)をご紹介します。

1.ツーフィンガー
2.スリーフィンガー
3.フォーフィンガー

一般的にこの三つがダーツの持ち方として基本だと言われています。

 

1.ツーフィンガー
最初にダーツの重心を探し、指の上に乗せダーツの重心を探します。
重心を見つけたら、そこを親指と人差し指の腹でつまむように持てば
それがツーフィンガーです。
親指、そして人差し指だけでダーツを挟むように持つということです。
二本の指を使っているので、ツーフィンガーと言います。

 

2.スリーフィンガー
最初にダーツの重心を探し、指の上に乗せダーツの重心を探します。
この際に人差し指だけではなく、中指も添えると良いでしょう。
つまり、人差し指と中指で重心を探す、ということです。
重心を見つけたら、そこを親指でつまみましょう。
人差し指・中指と親指でダーツを挟むように持つということです。
三本の指を使っているので、スリーフィンガーと言います。

 

3.フォーフィンガー
最初にダーツの重心を探し、指の上に乗せダーツの重心を探します。
これもスリーフィンガーと同じく人差し指だけではなく、中指も添えると良いでしょう。
人差し指と中指で重心を見つけたら、そこを親指でつまみましょう。
そして、最後に薬指を中指の隣に添えましょう。
四本の指を使っているので、フォーフィンガーと言います。

 

どの持ち方をしても構いませんが、これからダーツを始める方におすすめなのは
「スリーフィンガー」の持ち方です。


スリーフィンガーは、ダーツを投げたときに指が邪魔をせず
リリースの感覚が非常につかみやすいのです。


つまり、他の持ち方よりも早くコントロール性が身に付きやすいということです。
初心者の方はひとまずスリーフィンガーでダーツに慣れてから
他のグリップを試してみるのが一番良い方法だと思われます。

 

■ グリップ(持ち方)の種類に関するQ&A

 

(ダーツ初心者)

ダーツの持ち方(グリップ)は適当でいいの?

(先生)

ダメです。まずはダーツの重心を探し、そこを指でつまむことを心がけましょう。
ダーツの重心を探すには、人差し指の上にダーツを乗っけて
ダーツが水平を保てる位置がベストの重心ポイントです。

 

(ダーツ初心者)

ダーツの持ち方にはどんなものがあるの?

(先生)

一般的には三つです。
1.ツーフィンガー
2.スリーフィンガー
3.フォーフィンガー
の三つのグリップ(持ち方)があります。

 

(ダーツ初心者)

初心者にはどの持ち方がおすすめなの?

(先生)

スリーフィンガーのグリップ(持ち方)がおすすめです。
スリーフィンガーはダーツを投げたときに指が邪魔しませんし、
非常に安定した持ち方です。ひとまずスリーフィンガーでダーツに慣れるのが一番だと思われます。
スリーフィンガーでダーツに慣れたら、次はツーフィンガー・フォーフィンガーにも挑戦してみましょう。

 

(Photo by flickr)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*


アーカイブ

ページ上部へ戻る