クリケットとは?ルール紹介など。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ

IMG_7049

 

クリケットとは、ダーツのルールの一つでいわゆる陣取りゲームです。
相手よりも先に陣地を多く作った方が勝者ということになります。

 

クリケットではターゲットナンバーと呼ばれる得点になる番号があらかじめ決まっています。

ターゲットナンバーは、「15」「16」「17」「18」「19」「20」「ブル」(真ん中の目玉の部分)になります。
つまり、15から20までの番号とブルがターゲットナンバーで、それ以外は得点になりません。

 

クリケットでは、ターゲットナンバーを相手よりも早く得る(ダーツで当てる)ことが大事です。

3回ダーツを当てれば(マークすれば)、自分の陣地となり得点が加算されます。
ダーツマシンならば、勝手にマークが表示されていきますが、
ダーツマシンで競技していない場合は、自分たちでメモを取りましょう。

 

マークの印は以下の通りです。


1マーク

ターゲットナンバーをシングルエリアで当てると
1マークと言い、斜線を表示します。

 

2マーク

ターゲットナンバーをシングルエリアで2回、
もしくはダブルエリアで当てると2マークと言い、×印で表示されます。

ダブルエリアとは、ダブルリングの部分のことです。
クリケットではターゲットナンバー、つまり15~20とブルのみが有効とされますので、
それ以外の数字のダブルリングに刺さっても、それは意味がありません。
15~20のダブルリングに刺さった場合、ということになります。

 

3マーク

ターゲットナンバーをシングルエリアで3回、
もしくはトリプルエリアで当てると3マークと言い、
クローズになります。(自陣が出来上がります)

トリプルエリアとは、トリプルリングの部分のことです。
クリケットではターゲットナンバー、つまり15~20とブルのみが有効とされますので、
それ以外の数字のトリプルリングに刺さっても、それは意味がありません。

 

クローズに成功した競技者がクローズしたナンバーに当てると、
その得点が加算されることになります。

 

例えば、15がクローズしていた場合は
15シングルに当てると15点
15ダブルに当てると30点
15トリプルに当てると45点
ということになります。

ただし、こちらがクローズ(自陣にした)ナンバーを対戦相手が3マークすると、
そのナンバーは無効になり、得点が入らなくなります。

 

勝敗の付け方は、二種類あります。
1.相手競技者を上回る点数を持っている状態で全エリア(15~20とブル)をクローズ(自陣にした)場合
2.20ラウンド終了時に得点の高い方の競技者が勝利

この二つが勝敗の付け方です。

 

■ クリケットに関するQ&A

 

(ダーツ初心者)

クリケットって?

(先生)

言ってみれば陣取りゲームのようなものです。
カウントアップやゼロワンとは多少趣が異なります。
中級者~上級者向けのゲームと言えるでしょう。

 

(ダーツ初心者)

「15~20」までの数字とダーツボードの真ん中の「ブル」以外は点数として認められない?

(先生)

その通りです。

このゲームでは、15から20までの数字、そしてダーツボードの中央にあるブル以外は用いません。

 

(ダーツ初心者)

どうすれば勝ちなの?

(先生)

相手競技者を上回る点数で、全エリアをクローズ(自陣にした)場合か、
もしくは20ラウンドが終わった時に得点の高い競技者が勝利となります。

 

(Photo by flickr)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*


アーカイブ

ページ上部へ戻る